園のこと

HOME | 園のこと

大切にしている考え方

心身ともに健やかに 

  • 「平和、生命、人権」が大切にされる社会をめざし、次の世代により良いものを手渡していく。
  • 子どもを「今をゆっくり生きる存在」としてとらえ、心身ともに健やかに育つよう子どもの最善の利益を守る。
  • 保護者と職員がともに子供を育てあい育ち合う保育をすすめる。
  • 保護者の働き学ぶ権利を保障すると共に、多様な生活を支え、保護者や地域から信頼される保育園をめざす。

保育方針

 

  • 一人ひとりを主体者として尊重し、自我を豊かに育てる。
  • まわりの人や物に対する優しさと、仲間を大切にする気持ちをはぐくむ。
  • 自然との関わりを大切にし、自然と共に生きる感性を育てる。
  • さまざまな人との関わりや、日々の丁寧な暮らしを通して、人間らしく生きる力を育てる。

保育目標

 

  • 自分のことを大切にし、仲間と過ごすことを喜べる子ども
  • 自分でできることに喜びを持ち主体的に生活する子ども
  • 自分の要求をもち、表現できる子ども
  • 豊かな感性と表現力をもった子ども
  • 遊びを楽しめる子ども

保育方針
友達や保育者との楽しい遊びや生活を通して言葉や基本的生活習慣を身につけ、人とかかわる力や仲間を信頼し思いやる心を育てます。

保育環境
一人一人の発達過程に応じて、安心・安全に活動できる環境を整え園児の生活を豊かにします。

保育の特色
英語教育や音楽、体操など、様々な体験を通じ、園児が遊びの中で主体的に学ぶことで、幅広い体験をすることができます。

多彩な教室

「えいごであそぼ」英語教室

保育園は日常を保育・教育を通して体験する場所です。英語に関しても日常のご挨拶から始まり、歌やゲーム、絵本の読み聞かせなど毎日の生活や遊びから習得していきます。インターナショナルな視野を持つ土台となりうる基本的な英語力とコミュニケーション力を培います。子どもたちの「好き」や「楽しい」を学びへと導いていきます。 

「おとそだち」音楽教室

未来の「より良い音楽との関係」を築くため、音楽と静寂をバランスよく取り入れながら、子どもたちの”感じる力”と”表現する力”を育みます。一人ひとりの自己肯定感が高まるよう導きます。 

「わくわくたいそう」体操教室

3歳までに神経系統の発達が70%なされるといわれています。この時期にひとりひとりの発達に合わせ、神経系の発達、発育を促し自然の理にかなった身体動作を習得いたします。基本の動作を身につけ、楽しみながら「ケガをしにくい体」、「姿勢がいい体」を育みます。 

教室講師について

「えいごであそぼ」

英語教室
講師:コーディー先生

「おとそだち」

音楽教室
講師:たかこ先生

「わくわくたいそう」

体操教室
講師:さちこ先生